パーテーションを使う

パーテーションを利用して間仕切りをする、というのは様々な場所で活用されていることでしょう。
例えば自宅でも、部屋をパーテーションで区切ることによって用途の違う2つの部屋として扱う、というようなことも出来ます。
そこでここでは、そんなパーテーションの利用術として、オフィスにおけるパーテーションの使い方について紹介します。

オフィスにおけるパーテーションの使い方としてはいくつかの方法があるでしょう。
まずは、前述の自宅で行うのと同じように、部屋を仕切ることによって2つの部屋として利用出来るようにする、というものです。
片方を仕事場に、もう片方を応接間に、というような区切りを行なうことが出来れば、本来のオフィスの間取りではカバーできないこともカバー出来る可能性が出てきます。
オフィスの使い方の幅を広げる事ができるでしょう。

次に、仕事スペースをパーテーションで区切ることによって、擬似的に部屋としてしまう方法があります。
こうすることによって、音の漏れなどを気にする必要がなくなり、仕事がしやすい環境を作ることが出来るでしょう。

さらに、個人のスペース毎を区切るためのパーテーションというのも1つの利用方法となります。
これについてはすべてのオフィスで活用できるものではなく、仕事の内容によっても違ってくるでしょう。
個人での仕事が多い場合、没頭しやすいように個人で分けた方が効果的ですが、相談などを行なうことが多いならば邪魔になります。


■特別外部リンク
オフィスのパーテーション工事を専門に行っているサイトです・・・パーテーション工事

Copyright © 2014 パーテーション活用術~オフィス編~ All Rights Reserved.